忍者ブログ
東京都豊島区の歴史
[322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 豊島区雑司が谷3-19-14 (本納寺)

 錦風居士句碑
夜は雪の明るさをもつ櫻哉   錦風居士

 勝峯晋風氏が亡父の句を自ら書いたもので、左下に晋風書と彫られています。

 勝峯晋風(かつみねしんぷう1887~1954)
 本名は晋三。俳人であり俳文学者。新聞記者生活15年を経て、大正12年(1923)の関東大震災以降は俳諧の研究や著述に専念するようになった。俳句ははじめ錦風(きんぷう)に学び、のちに伊藤松宇の教えも受けた。松宇主催の俳誌『黄燈』を創刊した俳文学に関する編集・著述多く、俳諧研究に大きな足跡を残した。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性