忍者ブログ
東京都豊島区の歴史
[324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 豊島区雑司が谷3-19-14 (本納寺)

 秋田雨雀墓
 明治・大正・昭和にわたる文壇で活躍し、その文士仲間からは「雑司谷の梟」とアダ名され敬愛された秋田雨雀は、本納寺の斜め向かいに住んでいました。その家は当時「雑司谷の童話の家」とよばれていたといいます。
 秋田雨雀は、社会主義思想家として、童話作家・戯曲家・詩人など、さまざまな顔をもっていました。晩年には兜木正亨(当山三十三世住職)との交流から、仏教にも大変興味を抱いたようです。
 また彼は雑司が谷という土地をこよなく愛し、地域活動にも力を注いでいました。今日、江戸の名残をつたえる「大門のけやき並木」も雨雀と兜木が昭和14年(1939)に保存会を設立し、昭和30年(1955)に東京都の天然記念物の指定を受けています。
 昭和37年(1962)5月12日、80歳をもって世を去りましたが、遺骨は、いく婦人の意によって郷里(青森県黒石市)には帰らず、雑司が谷に留まりました。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性