忍者ブログ
東京都豊島区の歴史
[331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 豊島区南池袋3-18-25 (法明寺)

 威光山稲荷堂
當山総鎮守開運威光稲荷尊天は西暦八百余年 慈覚大師當地に行脚の途中武蔵野の地雑司ヶ谷の森より一条の光明を見つけ、辿りついたる所に素晴しい御姿をした 稲荷尊神が現われ、その光明の強き事から、威光稲荷大明神と銘名し堂宇を建立し御安置したのが始まり也。その後星霜数百年を経て日蓮宗に法明寺が改宗されると同時に法華経の御題目が唱題され、その御威光益々輝き、爾来今日迄大願をかえて救われたる善男善女数知れず。■■■本田は戦災にて焼失し、仮宮にて御祀りしてあった。御■■も時機を得て東京都板橋区天原町に住む石川幸作氏を選びて壱墓建立なさしめ、堂内荘厳具は開元講を始めとして一般信徒に託して、内に御威光秘めたる荘厳なる本殿に変り今日の隆盛を見るに至れる。善男善女の祈願満足、福智圓満の天願叶う可く生まれ変りたる稲荷尊神堂の所以を、茲に録じ後葉にこの事蹟を傳んと欲畢
 昭和50年(1975)9月吉日
 威光山四十八世 一厚院日悠
 光専天番司 中島光民








PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性