忍者ブログ
東京都豊島区の歴史
[117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 豊島区高田2-12-39

真言宗豊山派
 神霊山 金乗院 慈眼寺
 本尊
正観世音菩薩 目白不動明王
 開基
永順和尚 文禄3年(1594)寂
 総本山
長谷寺 奈良県桜井市初瀬
 祖師
宗祖   弘法大師(空海)
中興祖  興教大師(覚鑁)
派祖   専誉僧正







 目白不動尊
 金乗院は真言宗豊山派の寺院で、開山永順が本尊の聖観世音菩薩を勧請して観音堂を築いたのが草創とされています。永順の没年は文禄3年(1594)6月であることから、それより以前、天正年間(1573~1592)の創建と考えられます。当初は蓮華山金乗り院と称し、中野宝仙寺の末寺でしたが、のちに神霊山金乗院慈眼寺と改め、護国寺の末寺となりました。
 江戸時代には近辺の此花咲耶姫社などの別当でしたが、昭和20年(1945)4月の戦災で本堂等の建物や、水戸光圀の手になるという此花咲耶姫の額などの宝物は焼失しました。現在の本堂は昭和46年(1971)に再建され、平成15年(2003)に前面改修されました。
 目白不動堂(東豊山淨滝院新長谷寺)は、元和4年(1618)大和長谷寺第4世小池坊秀算が中興し、関口駒井町(文京区)にありましたが、昭和20年(1945)5月の戦災により焼失したため、金乗院に合併し、本尊の目白不動明王像を移しました。
 目白不動王は、江戸守護の五色不動(青・黄・赤・白・黒)の随一として名高く、目白の号は寛永年間(1624~1644)に3代将軍徳川家光の命によるといわれています。
 墓地には、槍術の達人丸橋忠弥、青柳文庫を創設した青柳文蔵などの墓があり、境内には寛文6年(1666)造立の倶利伽羅不動更新塔をはじめ、寛政12年(1800)造立の鍔塚など多くの石造物があります。
 平成19年(2007)3月 豊島区教育委員会








 金乗院には『丸橋忠弥墓』、『青柳文蔵墓』、『倶梨伽羅不動庚申塔』、『鐔塚』、『庚申塔』があります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性